5400円 エイブルトン DAW DTM ソフト ableton Live 11 Intro (オンライン納品)※代金引換、後払いはご利用頂けません。 楽器・音響機器 DAW・DTM・レコーダー その他 エイブルトン DAW DTM ソフト ableton Live 11 ※代金引換 【SALE/100%OFF】 後払いはご利用頂けません オンライン納品 Intro ソフト,vivianlynn.com,ableton,Intro,11,エイブルトン,Live,DTM,/ascogenous830066.html,5400円,DAW,楽器・音響機器 , DAW・DTM・レコーダー , その他,(オンライン納品)※代金引換、後払いはご利用頂けません。 5400円 エイブルトン DAW DTM ソフト ableton Live 11 Intro (オンライン納品)※代金引換、後払いはご利用頂けません。 楽器・音響機器 DAW・DTM・レコーダー その他 ソフト,vivianlynn.com,ableton,Intro,11,エイブルトン,Live,DTM,/ascogenous830066.html,5400円,DAW,楽器・音響機器 , DAW・DTM・レコーダー , その他,(オンライン納品)※代金引換、後払いはご利用頂けません。 エイブルトン DAW DTM ソフト ableton Live 11 ※代金引換 【SALE/100%OFF】 後払いはご利用頂けません オンライン納品 Intro

エイブルトン 【コンビニ受取対応商品】 DAW DTM ソフト ableton Live 11 ※代金引換 SALE 100%OFF 後払いはご利用頂けません オンライン納品 Intro

エイブルトン DAW DTM ソフト ableton Live 11 Intro (オンライン納品)※代金引換、後払いはご利用頂けません。

5400円

エイブルトン DAW DTM ソフト ableton Live 11 Intro (オンライン納品)※代金引換、後払いはご利用頂けません。



■オンライン納品製品に関する注意事項
・支払方法は代金引換決済はご利用頂けません。
・ソフトウェア本体はメーカーサイトよりダウンロードして頂く必要があります。
・オンライン納品製品という性質上、一切の返品・返金はお受け付け致しかねます。
・メーカーサイトのメンテナンス時など、シリアル発行まで数日かかる場合がございます。平常時はご決済完了後、1~3日以内に発行させていただきます。

予めご了承の上ご注文下さい。


■主要機能を備えた低価格版

Liveは、処理速度、操作性、柔軟性に優れた音楽制作/ライブパフォーマンス用ソフトウェアです。 エフェクト、インストゥルメント、サウンドなど、各種制作機能を備えており、音楽のジャンルを問わず、曲作りに必要なものがすべてそろっています。

Liveの主要な作業画面は、従来のリニア編集を行うアレンジメントビューと、タイムラインにとらわれることなく即興演奏やさまざまなアイデアの模索を行うセッションビューの2種類。 ワープ機能(タイムストレッチ機能)により、あらゆる音声のテンポやタイミングをリアルタイムで変更することができます。楽器や声をはじめとする音声録音とMIDI録音はもちろん、Liveの独創的な機能を使えば、ライブパフォーマンスを魅力的に仕上げたり、新しいアイデアを模索したり、ふとした瞬間の演奏を楽曲に発展させたりと、さまざまな音楽制作が実現します。

Liveの幅広いインストゥルメントやエフェクトを使って自分だけの音を生み出すもよし。テーマにそって音源を厳選した多彩な「Pack」をもとにして新しいものに作り変えるもよし。 あらゆる操作をリアルタイムで行い、無限にカスタマイズできるLiveは、ライブパフォーマンスや感覚的な作業に理想的なDAWです。組み合わせる機材や楽器の種類は問いません。

Liveを楽器のように演奏するために設計されたコントローラ「Push」を使えば、ハードウェアならではの操作性でソフトウェアの機能性を余すことなく活用することができます。

■Live 11の新機能
最新のLiveに収録されている制作機能/デバイス/音源

コンピング
録りためた音声やMIDIから、うまく演奏できた部分を組み合わせて理想のテイクを生み出す機能。 複数のサンプルを任意に選んでコンピング機能でつなぎ合わせることで、これまでにない音作りも可能です。

MPEとの対応
MPEコントローラを使えば、コードを構成するノートのひとつひとつで、ベンドやスライドといった奏法や、鍵盤を押す力(プレッシャー)による操作が可能になります。 演奏で繊細な違いをつけることはもちろん、コードを異なるコードにモーフィングさせたり、テクスチャーを次々と変化させたりと、幅広い演奏表現が実現します。

新デバイス
音声信号を引き延ばし、まったく違う響きに変えてしまうSpectral ResonatorとSpectral Time、 実在する空間からありえない空間まで、さまざまな響きを創造するHybrid Reverb、 自然界の物理現象からアイデアを取り入れた6種類のデバイスを収録するInspired by Nature、小刻みなグリッチや艶やかなデジタルディレイのほか、さまざまな音を追加するPitchLoop89など、多数収録。

ライブパフォーマンス向けの新機能
入力音にもとづいてリアルタイムでテンポを調節するテンポ追従機能により、変化に富むバンドの生演奏でもLiveが活躍します。 マクロの設定状態を保存する機能を使えば、ライブパフォーマンス中にすばやく変化を付けたり、楽曲を大きく展開させたりすることができます。 ラックで使用するマクロの数は、1~16基に設定可能。専用ボタンを押すだけで、マクロの値にランダマイズを適用することができます。

偶然性を取り入れるツール
ノート発音率とベロシティ変化率を設定して、自分では思いつかないようなパターンを生み出したり、均一ではない人間らしい抑揚で演奏に変化をつけたりすることができます。

新しい音源を収録したPack
斬新なアイデアで声を加工するためのVoice Box。最新鋭のストーリーのような世界観を演出するMood Reel。多彩な持続音とテクスチャーを収録するDrone Lab。 Spitfire Audioと共同制作した、Upright Piano、String Quartet、 Brass Quartetの3種は、オーケストラ楽器の定番の組み合わせで臨場感あふれる音色を細部までとらえています。

■Live 11 Introの主要機能
マルチトラックでソフトウェアやハードウェア機材の録音とMIDIのシーケンスが可能。
独自のセッションビューで、タイムラインに縛られない制作、可能柔軟なパフォーマンス、即興演奏が可能。
リアルタイムで音声のタイムストレッチが可能。テンポを問わず、音楽とループを自動的に同期させます。
ステージやスタジオでノブやフェーダーなどを使って操作を行えるMIDIマッピング可能なコントロール部。一般的なハードウェアコントローラとは自動マッピングに対応。
コンピング:録りためた音声やMIDIから、うまく演奏できた部分を組み合わせることができます。
グループトラックを複数の階層で作成して、細かなアレンジメントを容易に管理することが可能。
ノート発音率とベロシティ変化率:MIDIノートが鳴る確率と、ベロシティが不規則で変化する量を設定して、パターンのバリエーションの自動生成や、人間らしい抑揚の表現が可能。
新しくなったInstrument Rack:複数のインストゥルメントやエフェクトをひとつのデバイスに組み合わせることが可能。
新しくなったMIDI Effect Rack:複数のMIDIエフェクトをひとつのデバイスに組み合わせることが可能。
テンポ追従機能:入力音にもとづいてLiveがリアルタイムでテンポを調節します。
サウンドデザイン、ミキシング、マスタリングを独創的に行うオーディオエフェクトを内蔵。
高度なサンプリングを行うツール。
VST2、VST3、Audio Unitsに対応。
MPE:MPE対応機器を使って、ひとつひとつのノートで複数のパラメータをリアルタイムにコントロールすることで、より表現力豊かな楽器演奏が可能。
グルーヴ機能:音声やMIDIにスイングを適用できるほか、オーディオファイルからリズム感を抽出します。
ビデオをクリップとして読み込み、変更した映像と音声を保存することが可能。

インストゥルメント/エフェクト/音源
4種類のインストゥルメント:Simpler、Impulse、Drum Rack。Instrument Rackを収録。
21種類のオーディオエフェクト、11種類のMIDIエフェクト。
1500種類以上の音源。
5GB以上のループとサンプル。

※最新の動作環境はメーカーサイト等でご確認の上、お求めください。

エイブルトン DAW DTM ソフト ableton Live 11 Intro (オンライン納品)※代金引換、後払いはご利用頂けません。

「やわらかく、飲み込みやすく」を、できるだけ簡単に

 このサイトはやわらかく、飲み込みやすい介護ごはんのレシピをご紹介するサイトです。
 食べものを十分噛む(咀嚼する=そしゃくする)こと、しっかり飲み込む(嚥下する=えんげする)ことがうまくできず、いつもの食事が食べられなくなったご家族をお持ちの方に、簡単に時間をかけずに作るレシピをご紹介します。「このサイトについて」

どの程度のやわらかさ、飲み込みやすさ?

 どのくらいの「やわらかさ」「飲み込みやすさ」がご家族にちょうど良いのか、毎日の食事のなかでおおよそ把握していらっしゃると思います。
 噛む・飲み込むチカラの程度はいつもずっと同じではないこともあります。現在ある一般的な区分や、このサイトでの考え方についてお伝えしています。「はじめに大切なこと」

レシピ/お知らせ/ブログの新着情報

Top